スポンサーサイト
      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。
      [--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
      真剣勝負!
      ダイヤのルースを持ってみえたお客様。
      ピンキーリングを・・・とのことでした。

      色々なデザイン案をお客様と二人で
      ああだこうだと、相談し、出来上がったのが
      このピンキーリング。

      洋彫りのピンキーリング

      綺麗になかなかとれませんでしたが、
      (腕のせい?カメラのせい?
      クリックして拡大して頂いた方が良いかも
      今回、オリジナルで作って頂いた
      世界でたった一つのピンキーは、
      洋彫りを施したリングです。
      ミル打ちもして頂きました。

      ひとつひとつの図柄を、彫師職人さんの腕一本で彫る。
      長年の経験と勘と、腕。

      ちょっと、ぞくぞく、ドキドキします


      出来上がったリングをみて、お客様も
      本当に喜んでいただきました♪
      ありがとうございます


      同じ図柄を連続して彫り込む・・・洋彫り

      空間(…間…)を大切に、風景(図柄)を
      タガネで、彫るのが 和彫り。

      どちらも 失敗は出来ない 一発勝負です。

      すべて手作り・・・。
      絶やしてはいけない技術だなぁと、思います。

      一刀、一刀心を込めて・・・
      居合抜きや、日本の武道とはらっぱらっぱは
      思わず重ねてしまいます。

      日本人の技術と、美の結晶のリング

      とてもアナログな作業かもしれないですが、
      機械とは違う深い味わいがあります。





      スポンサーサイト
      [2009/03/20 10:45 ] | じゅえるのお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      <<ぴかぴかだんごとワックスモデリング~♪ | ホーム | 永遠のサークルライン>>
      コメント
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL

      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |

      FC2Ad

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。