スポンサーサイト
      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。
      [--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
      印象 日の出展
      思いっきりとぼけたことをしていましたが・・・

      先日、名古屋市美術館の 
      モネ印象 日の出
      印象日の出 へ、行ってきました 
      (いつも先日から始める文章って・・・

      印象派の名の由来ともなった、この作品。
      写真や、カードではなく、本物は、どんなだろうと、ちょっとドキドキ
      さすがに、いかにもメインイベント!という展示の仕方と、
      ガードマンに守られてのものでした。
      学校からの券の配布もあったので、人も多かったです。

      他の印象派のピサロや、ルノワール等の作品もあり、
      モネが、まだ写実的?な時代の作品もあり。
      (これはこれで、個人的には初めて観た結構好きな作品 
      でしたが )
      もちろんお約束?の睡蓮もありました。

      彼の一連の作品を見つつ、彼は水に移る情景が、
      本当に多く、水鏡?が、好きだったのかなぁと思い、
      (勝手なたわごとですが
      個人的に川とか海辺とかボ~~っ と見るのが好きな
      はらっぱらっぱは、勝手に癒されておりました(笑 

      この頃チューブの絵の具が開発された事が彼らの戸外での
      作画を応援したことも、初耳で面白かったです。

      モネと言えば、前にも書きましたが、晩年、白内障で、色の感じ方が
      絵にも表れ、(色づかいに、ちょっとイライラしてる?と、印象もありで)
      何度か行った白内障手術も、レンズを入れる前と後でも色の感じ方が、
      ずいぶん違う為、絵にもその影響が出たらしいです。

      光を追求した彼。少しでも、外に溢れる光を全身で感じたくて、
      紫外線にあたることも、多かったのかなぁと、思うと、
      タンパク質が混濁する白内障は、老化や、紫外線を原因とする為、
      彼の職業病みたいなものだったのかもしれません。

      光を愛した彼は、サングラスをかけることもなく、
      (もちろんその頃、UVカットのレンズもない?だろうし…
      (調べてませんが))
      お昼から午後にかけての光があふれる中で作画も多かったかも
      手術をした後は、より、紫外線は防止することが不可欠なのだけれど、
      やはり、しっかりしたかは不明 だし・・・・。

      やはり、紫外線が強くなるこれから、外へ出る時は、
      インフルエンザ防止のマスクもですが、
      UVカットのレンズで、気をつけた方が良いかもしれません。
      (わはははは。メガネ屋のつぶやきになってしまいました)


      スポンサーサイト
      [2009/01/31 08:08 ] | 目のお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      <<相聞歌~時間が味方?~ | ホーム | 暖かい天気に誘われて・・・・>>
      コメント
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL

      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |

      FC2Ad

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。