”あい”と”ゆう”を織り込んで
      ふらっと、立ち寄られた彼。
      彼女へクリスマスのサプライズプレゼント
      プロポーズリングをお探しでした。

      彼の心の琴線に触れたのが、このリング。

      fc2blog_20150514145828125.jpg

      フラウ神戸
      LADY TIARA のFRENCH

      シンデレラのかぼちゃの馬車をイメージした様なデザインです。

      当店のサンプルは、メインのダイア
      ハートで特注したものです。

      「こんな感じで、アレンジも出来ますよ」と、
      お話を重ねていると、

      「アルファベットを入れること出来ますか?」
      とご質問をいただきました。

      なんと、名前をアルファベットで書いた時、
      おふたりの名前は、ほとんど重なるとのこと。
      違うのは、I と U だけ
      という奇跡の確率なのです。

      例えば 
      ゆみや Y U M I Y A
      まゆみ M A Y U M I

      場合は、重ならない文字はYとM
      という感じ。

      ふたりにとっては、
      特別のI と Uです。

      これは絶対いれましょう
      と、いうことで、

      フレンチのアームの曲線を生かし、
      筆記体のアルファベットをデザインに
      織り込んでみました。

      リングI♥Y

      サイドにあるメレのダイヤも
      アルファベットの箇所にふたりの誕生石を
      セッティングしました。

      二人だけの特別なリングの制作です。

      途中出来上がったワックスも
      彼にチェックしていただきました。

      IMG_2327.jpg

      ワックスの色が多少邪魔しますが、
      スケッチが、ワックスで立体になることで
      イメージが更にしやすくなりました。

      IMG_2323.jpg

      リングの曲線に合わせて
      織り込んだ『 i 』と
      IMG_2324.jpg
      『 u 』も、確認。

      サプライズを狙うクリスマスにも間に合いました。

      IMG_2542.jpg

      ハートのダイヤをメインに

      IMG_2539.jpg

      i あい と
      IMG_2541.jpg

      u ゆう で、

      I  U

      そして、日本語での あいは、愛
      ゆうは 優でもあり。

      愛しさと優しさ、
      彼のたくさんの思いがギュギュ~~~っと詰まった
      リングです。

      見事、クリスマスサプライズにも成功し、
      ご結婚★

      今日はその彼の誕生日

      ブログへのアップ遅くなりましたが、
      誕生日おめでとうございます。

      結婚して初めての誕生日♫
      素敵な誕生日になるといいです。

      ちなみに
      彼の誕生石のエメラルド
      宝石言葉は 「幸運・幸福・希望・」

      彼女の誕生石のアクアマリン
      宝石言葉は 「沈着・勇敢・聡明」

      実は、この二つの石、鉱物学的には ベリル
      組成は「Be3Al2Si6O18」と同じなのです!!

      入ってる不純物の関係で、見た目は
      全く違う輝石になる・・。
      素敵な偶然がここにも
      やっぱり運命ですね~


      良かったら ぽちっと♪↓
      Face book 始めました。(試行錯誤中)">
      (↑クリックでチェックできます)
      にほんブログ村 ファッションブログへ
      にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 中津川情報へ

      日本赤十字震災、災害口座案内
      スポンサーサイト
      [2015/05/14 18:40 ] | ブライダル&マリッジリングのお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      <<絆を結ぶ | ホーム | 「いろんなお店を何軒か回ったんですが、ここで思い通りのものができて良かったです」>>
      コメント
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL

      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |

      FC2Ad