スポンサーサイト
      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。
      [--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
      左手のピアニスト
      先日、近くで左手のピアニスト智内さんのコンサートがありました
         (↑名前クリックでHPへ)

      ドイツ留学中、将来を嘱望されていたにもかかわらず、
      ジストニアという病に侵され、
      右腕はピアノを弾くことは出来なった彼。

      リハビリの中、恩師に左手専用の楽曲を紹介されたことをきっかけに
      現在、関西を拠点に左手のピアニストとして活躍されています。

      彼の演奏の様子です♪↓


      「曲を奏でる時、左手というハンデもありますが、
      逆に、左手だけだからこそという利点も実はあります。」

      「現在あるのは上級者用の左手の楽曲だけ。
      そこで、もっと同じ立場の人達が
      音楽を楽しんでくれるよう、すそ野を広げて行ける様
      活動しています」

      と笑顔で話すとても魅力的な人でした。

      左手とか両手とか関係なく、奏でる曲は、とても心に心地良く
      楽しい時間を過ごさせて頂きました。


      ところで、

      人間の体での、左右

      手の他に、目と耳と足と鼻の穴
      肺、腎臓、卵巣、他等など。

      (はらっぱらっぱ男が ○○もそうだぞ~~と叫んでますが・・・)

      人の目が二つあるのは、

      物を立体に視る=正確に物を観るため。
      (=物との距離感とかも含め)


      そして、

      両目で視る=両眼視機能
      がきちんと働いていると、

      3Dの画像とかも違和感なく楽しく観賞出来る。

      キャッチボールが苦手だったり、
      良く物にぶつかったり、こけたりする人は、

      この機能が苦手だったりする事も



      片方だけの視力よりも、両目で見た方が物がより良く見える

      お店でお客様の視力を測る時は、もちろん
      片目だけでなく、両目で物がキチンと見えているかも、
      必ずチェックさせて頂いています。


      視力を測ると、右と左の視力が極端に違うお客さまもちらほら。

      その場合、物を良く見える目で見ていて、実は、片目で見ている人も。

      見えない方の目をレンズの度で補ってあげる事で
      両目で見る力ができてきます。

      但し人によっては、少しづつの調整が必要です。

      お気軽にご相談下さい♪


      良かったら ぽちっと♪↓
      にほんブログ村 ファッションブログへ
      にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 中津川情報へ


      時計・宝石・メガネ ハラHP
      日本赤十字東北関東大震災専用口座案内

      今日は雨。でもちょっと昨日より暖かです。
      さて今日の夕食は・・・・






      スポンサーサイト
      [2012/02/14 17:38 ] | 目のお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      <<小栗旬君達の森林浴と、フレームちょこっとアレンジ | ホーム | 閉じ込められた新種のハエの恋?>>
      コメント
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL

      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |

      FC2Ad

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。