スポンサーサイト
      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。
      [--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
      ハリーの眼鏡
      ちょっと前、世間を騒がせた?↓新作、最終巻。

      「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
      (2008/07/23)
      J. K. ローリング

      商品詳細を見る

      読んではいたものの、 特に予約もしてなかった はらっぱらっぱ。
      それでも、出張の出先で、書店の入り口に積み上げられていたのを見て、
      思わず誘惑に負け、購入してしまいました 

      賢く、崇高な人格のみが素晴らしいのではない...。

      人の持つ弱さ、醜さ、愚かさ等、どんな人にも必ずある  ダークな心
      それと正面から向かい合い、認め、迷い、時には誘惑に惑わされながらも、
      己と戦おうとする勇気を持つ事が大切・・・。(ナンノコッチャ?ですが)

      甘い理想。
      でも、大切な目に見えない物を心で感じることの出来る人達
      ハリーだけでなく、皆が(読者も含め)、色んな形で、悩み、成長したストーリー
      だったかも?と、思いました。

      ところで、ハリーのトレードマークは、眼鏡 

      読み終えて、ふと、ヒトリツッコミ?をしてしまった箇所が・・・

      10歳~17歳の成長期、彼のレンズの度は変化しなかったのか?
      眼鏡の大きさは、変化しなかったのか?
      魔法界にも、眼鏡屋さんっているのか?

      (ごめんなさい   )

      度重なる死闘をくりかえすハリー、壊れる眼鏡を直す度にかける魔法  
      もしや、その辺の所は全部クリアなのか!?、
      魔法に触れ、レンズもフレームも本人にあわせて勝手に成長しちゃう
      魔法の眼鏡になったのか!?
      (でも、校長先生をはじめ、色んな人が眼鏡をかけているのをみると、
      目を良くする魔法はないのか?)
      やっぱり眼鏡屋さんは いるのか?等など、勝手に色々考えておりました。

      そして、我々マグルは、魔法は使えない 

      眼鏡屋が、もし、魔法のような腕を持っていても、
      成長期、身長が伸びると同じに、度は必ず進む。
      ましてや、ゲーム、PCなど、環境、より近くを凝視することが、多くなっている現在。

      レンズ交換は、やはり避けられない。

      フレームも、子供用から、大人用の大きさに切り替えなくては、レンズの
      中心位置のずれ
      で、どうしても変える必要に迫られる。
      そうでなくても、転んだり、ぶつけたり、乱暴に扱われればやはり、壊れたり、変形してしまう。

      でも、

      魔法で、雨振りの視界を快適?にするワイパーを出さなくても、撥水コートは、
      水もはじき、マジックの汚れだって拭けてしまうレンズ
      他にも、より傷が付かないコーティング、熱に強いオーガニックコート等もある。
      曲がっても元にもどる形状記憶のフレームなんかもある。
      より軽く、丈夫をめざし、レンズや、フレームのメーカーさんは、毎年頑張って、
      より良い眼鏡環境の為に励んでいる。

      そして、眼鏡屋も、より快適な視力環境を整えるために、眼鏡屋として成長したいと頑張る。

      そんな心意気?は、
      魔法が使えないからこその宝物  。

      何だかそんな事を思わず考えてしまいました 
      スポンサーサイト
      [2008/08/29 07:30 ] | メガネのお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      <<乙女座の守護石の話 | ホーム | 相聞歌~想いを込めて2時間半♪~>>
      コメント
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL

      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |

      FC2Ad

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。