スポンサーサイト
      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。
      [--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
      酔っ払いの妄想!?
      先日、夏メニューに誘われて
      KISAKUに行ってきました

      で、お目当ての 玉ねぎ食べてきました

      DSC_0004.jpg
      (すみません 写真勝手にお借りしちゃいました
      ソフトシェルの唐揚げや、他にも 

      近くの本町公園の傍。歩いて行けるので、食事とお酒が楽しめます。
      (これが、マジ嬉しい 
      で、酔っぱらいは、思わず、ピザ釜の炎を見て 
      ヘンゼルとグレーテルのお話を
      思い出してしまいました。(おいおい

      ヘンゼルとグレーテルのおはなし (グリム絵本)ヘンゼルとグレーテルのおはなし (グリム絵本)
      (2006/12)
      グリム

      商品詳細を見る


      子供の時は、一番印象深かったのは やっぱり
      お菓子
      の家だったんですが…。

      そう言えば、二人が出会ったお婆さん、
      確か 目が薄ぼんやりとしか見えなかった。

      もしかして彼女は、白内障?だったのでしょうか
      黒い目深に被ったフードのマントを着ていたのも、
      もしや、光が眩しかったから

      以前、白内障の体験をしたことがありますが、
      すりガラス状のレンズの眼鏡をかけて物を見るというものでした。
      わかっていたものの、実際にああして体験するのは、とってもリアルで、
      興味深かったです。

      残念ながら、実際の白内障は、本当に段々進行するので、
      最初は気が付きにくい。
      視力のチェックで、ひっかかる場合もあります。

      年齢的にも、老眼と被るので、初期の頃は、あまりピンとこないかも
      と記述がどこかにありました・・・

      白内障は、水晶体の白濁。老化と、紫外線などは、強い刺激です。

      光が、妙に眩しく感じることが多くなったり、
      薄~~~~いベールがかかるように物が霞んで見えたり・・・

      老眼のかかる年齢になったら、年一度位の視力チェックは、した方が
      良いかもしれません。

      あのお婆さんも、今だったら,UVカットのサングラスで、紫外線
      眩しさを防いで、進行を遅らせたり、手術も出来るのに・・・。

      昔、きんさんぎんさんが、白内障の手術をして、見えるようになったと、
      喜んでいたニュースを見て、幾つになっても見えるって本当に大事だなぁ
      と、思ったものです。

      ん~~でも、この場合、ヘンゼルとグレーテルのことを考えると、
      ちょっと恐ろしいことになっていますね

      酔っ払いの妄想・・・なので、許して下さい。

      それとはまた別に、先日、
      「眼鏡のレンズの見る位置がちょうど、キズキズになっちゃってて~~~
      白内障になっちゃったかと思ったから、良かったぁ 
      と、お客様がご来店されました。

      レンズの傷は、外ではなくて、内側だったので、ちょっとびっくり。
      何が原因だろうと、色々お話をしていたところ、、

      スイミングで、先生の動きをチェックするとき、眼鏡を使うと仰っていました。
      (ゴーグルつけてメガネで、見てみえたかな?)

      以前、内側の同じところに何度も傷がついて来たお客様は
      眼鏡をはめたまま、眼をかく癖があった方でした・・・。

      レンズの傷が、視点上にあるのは、軽い白内障のレンズをかけて
      いるようなもの。

      視力も変化されてきたとの事で、細かくチェックをして、
      買い替えとなりました。

      眼鏡の扱い方…日本のレンズの技術者さんたちの努力のおかげで、
      ずいぶんレンズも傷が付きにくくなってきています。
      次の眼鏡では、より快適なメガネの生活が送れると良いなぁ・・・です。



      スポンサーサイト
      [2009/06/17 14:35 ] | 目のお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      <<で・き・あ・が・り♪ | ホーム | 思いを形にしてみませんか?~結婚指輪デザイン募集!!&相聞歌の話~>>
      コメント
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL

      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |

      FC2Ad

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。