スポンサーサイト
      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。
      [--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
      「和」とくれば・・・「洋」!?
      …と云うことで(笑)
      洋彫りのリングサンプルも同時に出来上がってきました♪


      洋花

      空間を大切にし、風景を彫る和彫り。
      間を詰め、同じ図柄を連続して彫り込む洋彫り。

      小槌で叩き彫るため、深い彫りとなる和彫り。

      同じ滑らかな曲線で仕上げるため、途中で刃先を離すことなく、
      力の強弱なく同じ力で、曲線を一気に人の手で彫る洋彫り。

      それぞれ風合いが違う、職人さんの魂がこもったリングサンプル
      になりました。

      洋花2

      洋彫りのリングには、よりアンティークっぽい感じが
      出ると良いなぁと思い、サイドにミル打ちもして頂きました。

      洋飾り

      きっちりと、均一に作る機械では出ない風合い。
      人の顔が左右非対称だからこそ味わいがあるように
      リングにも、色んな味わいが生まれてきます

      洋kazari

      スポンサーサイト
      [2009/04/27 11:00 ] | オリジナルマリッジリングの物語 | コメント(0) | トラックバック(0)
      「和」のコラボ!?
      中津川は長野との県境
      先日、こんなものを見つけちゃいました

      キットカット2711

      食べてシバラクしてから、ピリリと、一味のスパイシーが・・・
      でも、個人的には、もっと辛くても良かったかな?

      jagariko2811.jpg

      ↑8パック入りの野沢菜のじゃがりこ

      jagariko2801.jpg

      ん~~~野沢菜の味が、そこはかとした…、じゃがりこ



      そして、もうひとつの「和」とのコラボ、
      はらっぱらっぱが、ずっとお願いしてようやく出来上がってきた
      和日本伝統工芸の『和彫り』のリングサンプル。

      百合和2

      (写真の技術は・・・・ですが、
      クリックして頂いた方がより味わいがわかります)

      タガネという鋼(はがね)で出来た棒状の彫刻刀の様なものを、
      槌(こづち)でたたき地金を彫っていく独特な和彫りの技法。

      均一に、力を入れないと、美しく仕上がらない。
      一刀たりとも間違いも許されない真剣勝負。

      熟練の職人ではないと出来ない難度の高い技術であり
      大切に伝えて行きたい芸術です。

      古く古墳時代から、鎖国の江戸時代に花を咲かせた和彫り
      かんざし、刀剣などの武具、仏具等、色々な物に施されることにより、
      脈々と受け継がれてきました。

      ジュエリーの歴史が浅い日本のジュエリーの造りが良いのは
      日本の彫金の技術も、一役かっているにちがいないと、思っています。

      しかし、残念ながら、現在、「和彫り」の職人さんは、高齢化が進み
      本当に少なくなっています。

      とても大切にしたい、残したい「和」 日本です。

      空間を大切にする和彫りは、彫る対象(指輪のサイズ、幅 等)
      によって同じものはひとつとしてありませんが、
      オリジナルブライダル「相聞歌」で、是非、紹介したいと思い
      サンプルに彫って頂きました。

      「百合」 花言葉は、「純潔」「無垢」「威厳」

      百合和

      タガネを叩く金の小槌の音、聞こえてきませんか?


      [2009/04/25 05:00 ] | オリジナルマリッジリングの物語 | コメント(0) | トラックバック(0)
      行ってきました♪
      tango ←クリックで拡大

      はらっぱらっぱは、今年で2回目。

      タンゴの生演奏の中、すぐ近くで 観ることの出来る
      このタンゴセッション。

      中津川出身、現在アルゼンチン在住のYOKO FURUSEさん。

      指の先まで、そして背中が、足が、体全体がタンゴの旋律にのっての
      感情表現・・・・ちょっと圧巻でした。

      一緒に、自分の感情もふわ~っと巻き込まれていくみたいで・・・

      ヴァイオリンの旋律、バンドネオンの音色・コントラバスの低音
      そしてピアノ。

      タンゴを奏でると本当艶っぽく、哀しく、情熱的。

      この後、名古屋・京都・神戸・岐阜をまわって
      再度、次の4/26中津川の公演は、ホールになるので
      もう少し大がかりなものになりますが・・・・。

      とても、綺麗な背中が語る…って感じでした。

      本当は、写メを撮ろうかなぁと思っていたんですが、
      自分が感じて見ている様子より、とっても小さくなるんで
      迫力が伝わらないと思ってやめちゃいました。

      多分、写メの方が現実なんだろうけど、

      自分の見たいものが大きく見ることのできる

      人の目や、脳って、本当に不思議。(最後にそうきたか?









      [2009/04/14 00:01 ] | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
      四つ目川の桜並木と・・・
      一昨日の街中を流れる四つ目川の写真です。
      ちょっと散り始めなのが残念ですが、先日撮った本町公園とは違い、
      のんびり散策を楽しめる場所 
      ちょっとしたスペースにピクニックシートを敷いて読書や、
      日向ぼっこをしている人が数組。

      本町公園は、ライトアップもあり、BQも出来たり、
      日曜日は五平餅屋さんも出たり、賑やかですが、
      こっちは、民家も近いため、プライベートで、静かにのんびり 

      sakura3

      約250本のそめいよしの。1km近い桜並木。

      2sakura

      ↓は、駅に近い四つ目川の新しい桜並木。
      木もまだまだ若いですが、成長が楽しみです

      3sakura

      成長と言えば、視力の成長や、両眼視機能は
      6歳頃までに、大きく成長します。

      生まれたばかりの赤ちゃんは、明暗が分かる程度

      2か月頃で、物の形がぼんやりわかる程度

      4か月頃は、動くものを追って目を動かすくらい

      6歳くらいで、大人と同じくらいの視力となります。

      色々な物を見せて刺激を与えられ、視力が成長していくのです。

      遠視や、斜視等 他の理由で視力の成長が、少し違う場合、

      子供にとっては、それが当り前の状態なので、異常を訴えることは

      少ないので、気を付けてあげて下さい。

      例えば、
      「テレビを見る目付きが不自然」だとか、
      「にらめっこした時に目の位置が内に寄っている」など。

      あれ?と思ったら、眼科のお医者さんに行かれることをお勧めします。

      気を付けて欲しいのは、小さな、子供さんの遠視の眼鏡。

      視力の成長するこの時期に、遠視の眼鏡をかけることは、

      網膜上で、正しくピントの合った画像を結んであげること

      それを、何度も練習することで、脳と、網膜の細胞の視力を

      成長させる手助け=薬です。

      小さい子供さんに、眼鏡をかけ続けてもらうのは、本当に大変。

      でも叱らずに、根気よく、薬だと思って(実際にそうなので)

      のんびり、楽しくかけ続けるように、して下さい。

      子供さんと、親御さん、眼科医さんと、眼鏡と、

      眼鏡屋さん(例えば はらっぱらっぱ(笑)

      お友達になっちゃうのが、一番です。

      きちんと像を結ぶ練習をすれば軽い遠視だと、

      将来的に眼鏡をかけなくてよい場合もあります。


      [2009/04/13 10:30 ] | 目のお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      これはなんでしょう?
      久しぶりに・・・・クイズ 

      これは何でしょう 

      korenani?

      どこかで見た事のあるような?
      無いような?

      ヒント その①

      ばたばた動く時に便利かも・・・・
      ジャンプしたり、飛びまわったりする子供にも便利。
         こんな時にも便利かも

      ヒント その②
      ↑な時、眼鏡をはめていると、どうなるでしょう 
      続きを読む
      [2009/04/10 11:00 ] | はらっぱのたわ言 | コメント(0) | トラックバック(0)
      | ホーム | 次のページ>>

      FC2Ad

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。