スポンサーサイト
      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。
      [--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
      視力1.5でも、良い1.5と、悪い1.5があるのをご存知ですか?
      先日、電池交換で来店されたお客様

      お話の中で、年齢の割に、
      「近くが非常に見え難い」
      とのこと。

      お買い物の時には、小さなルーペをご利用でした。

      「遠くは、視力1.5あるんで不自由はないんだけど」
      とのこと。

      お話する中で、疲れやすい、
      夜は余計見にくい…等も。

      近くのものを見るのが困難だと、
      眉間にシワが寄って、美容の面でも
      ちょっと残念・・・。

      そこで

      今、自分の瞳の状態がどんな感じなのか、

      お時間があれば測ってみましょうか?

      他覚検査自覚検査の視力測定をしました。

      他覚検査は、機械でのレンズの度数測定検査

      IMG_3962.jpg

      この機械を覗いて計測する、機械が感知する
      レンズの度数です。

      自覚検査は、これを用いての検査。
      (本人が感じるレンズの度数です)

      仮枠er

      この仮枠(トライヤルフレーム、試験枠とも言います)
      片眼にレンズが、3枚ほど入る形になってます。

      例えば、
      遠視対応のテストレンズ
      乱視のテストレンズ
      遠近両用対応のテストレンズ
      同時にセット可能。

      この仮枠かけ、色々な指標を見ていただきながら、
      「どちらが見やすいですか?」
      「どのあたりが濃く感じますか?」
      「どちらの色が強く感じますか?」
      等などお伺いし、答えていただきながら、
      度数を決めていくという方法です。

      これを
      左右片方づつと、、両眼(←これ大事)
      3通りで、チェックします。

      最初にご相談を頂いたお客様は
      測った結果、"遠視"が隠れていました。

      遠視の人は、網膜を超えた
      位置で焦点を結ぶ為、近くを見る時は
      レンズをギュ~~とより膨らませないと
      焦点が結びにくい。

      ということで、遠くが見えていても、
      目の中で、余分な調節がかかる

      (=余分な力がかかった状態でものを見ている

      それが、目が疲れたり頭痛や肩こり
      起こし易い原因になっているのです。

      視力1.5でも、体や瞳にとっては
      良くない1.5と、いうこと。

      「視力1.5が見える」のマジックです。

      測定後は、
      よく見える度数と、

      長時間かけていられる度数のチェック。


      レンズを入れた仮枠のまま
      15分~20分くらい外、室内のいろんな箇所をいつもの通り見ていただきます。

      仮枠を外した時におこるピントが合う時間までのラグ
      (=頑張って見る余分にが働いているということ)
      もなくなり、
      「こっちのほうが楽かも・・・・」と
      今回、お客様には、メガネを購入していただきました。

      と、いうことで、
      見えているあなたの瞳、
      どんな状態かチェックしてみませんか?

      お気軽にご来店ください。

      瞳に負担のない視力は本当に大切です。



      良かったら ぽちっと♪↓
      Face book 始めました。(試行錯誤中)">
      (↑クリックでチェックできます)
      にほんブログ村 ファッションブログへ
      にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 中津川情報へ

      日本赤十字震災、災害口座案内

      ※こぼれ話★
      IMG_3953.jpg

      上の仮枠と一緒写していましたが、
      仮枠に入れるテストレンズの一部。
      このレンズは、初代や、2代目の義父も
      使用の当店現役テストレンズです。
      (大事に大事に使っていてまだ残っている度数)
      ちょっとクラッシックな作りになっていますが、
      色で、プラスとマイナスのレンズが区別されているようです。
      IMG_3949.jpg

      こちらは、追加したテストレンズ。
      今のテストレンズ。
      プラスのレンズはプラスがくり抜いてあり、
      マイナスは、マイナスがくり抜いてあります。
      他にも、色々なテストレンズがあって
      時代時代の顔だなぁ…と勝手に思っています。







      スポンサーサイト
      [2015/09/11 21:28 ] | 目のお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      ×68!拡大読書器ってこんな感じ
      少しでも快適に過ごせるようにと、先日のローヴィジョンの方へ、
      拡大読書器を納入しました。
      (↑クリックで HPへ)
      盲学校でも使われている拡大読書器。
      どんどん使いかっても良くなっているようです。

      拡大読書器①er

      拡大したいものを載せる台は、縦、横、円形と、スムーズに
      動きます。
      リモコン操作も可能。

      この位の倍率~

      読書器⑧er

      どんどん拡大して

      読書器⑦r

      最大 約×68倍は、こんな感じ。
      ど~ん!!
      カラー表示も出来ますが、

      読書器⑥r

      ローヴィジョンの人は、白黒の方が見やすい場合もあり。
      画面を 白黒にも

      読書器⑤er

      反転の方が見易い人もいるので、
      白黒反転にも出来ます

      拡大読書器④er

      ターゲットを決めての
      (あ、この辺拡大したいぞ!)

      読書器⑩er

      拡大も出来ます。
      ど~ん!!

      読書器⑪der

      読みやすい様に、ラインマーカーもあり、

      読書器⑨er

      読みたいという気持ちを大切に作られた
      拡大読書器、これからも沢山の人の
      読みたい!細やかな作業をしたい、そういう
      気持ちに対応してどんどん活躍するといいなぁ。
      [2015/05/29 11:55 ] | 目のお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      華に舞う てふてふ
      入荷しました

      きらりと光る花びらと、ちょうちょ。
      今年あまり見てないなぁ・・。暑かったり寒かったりで
      どこかへ行ってしまったのかな

      mika2r.jpg

      不透明な透明感の中の遊色効果のある花びらは、
      (なんじゃそりゃですが、でもそんな感じ
      京セラが開発した合成オパール、

      風雅な古都の色をイメージし、京都オパールという名前が
      つけられています。

      色は胡粉色?かと。日本で古くから愛されている色です。

      調べてみたら、少し黄色がかった白とのこと。
      いたぼガキ等の貝の殻を精製した絵の具の色。
      昔、漢民族が、中国の西域を胡とよんだ地域からの
      由来の色。だそうです。

      胡瓜や、胡桃、胡椒、胡麻、胡弓の胡もそこからかな

      kyoto_opal-m.jpg
      京都オパール
      9511ee3ffeb70ff2504885b1557b31c0.jpg

      胡粉色の花びらに蝶が舞うように、透かしや、立体的な蝶を効果的に配置。

      mika1r.jpg

      花道家、池坊の池坊美佳氏プロデュース
      MIKA IKENOBO のフレームです。
      UVカットレンズ込で ¥25,000~
      単焦点の他に、度付きのサングラス、
      遠近や、中近、近用レンズにも対応できます。

      色違い、型違いで入荷です。

      mika3r.jpg

      華道家だけに、花のイメージしてのデザインですが、
      ちょっとだけ個性的。

      甘すぎず、辛すぎず、大人

      mika5r.jpg

      ふわふわと舞う蝶が踊るイメージの中、
      ちょっときりっと、かっこよく自分を演出してくれます。

      mika4.jpg

      同じMIKA IKENOBOのセルフレームも。

      mika10r.jpg

      何色かの色が層で重なって花束のように
      こちらも、かっこいいバランスになってます。

      7mikar.jpg

      これにもさり気なく、京都オパールがきらり。
      色は、百塩茶(ももしおちゃ)色か、唐紅花[からくれない)かと。
      日本の色の名前って、私の生活で使うことがないので、
      あまりピンと来ないけど、興味深い名前が多くて面白いです。

      本当は、大和の色の名前、もっと、大切にしたいなぁと、
      改めて思いました。


      良かったら ぽちっと♪↓
      Face book 始めました。(試行錯誤中)">
      (↑クリックでチェックできます)
      にほんブログ村 ファッションブログへ
      にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 中津川情報へ

      日本赤十字震災、災害口座案内
      [2015/05/26 19:28 ] | 目のお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      ローヴィジョンの方の眼科相談会
      レンズメーカーHOYAさんのFBに載っていた写真です。
      記事を書いている人の近くの教会にあった張り紙だそうです。

      11134041_819666161402741_4289795538171133587_n.jpg

      実は、年齢に関わらず。視野がかけたり、見る力そのものが
      非常に弱っていたりすることを、ローヴィジョンといいます。

      「見えない」という人たちのために設立された
      岐阜県の盲学校は、日本でも歴史が古く、
      100年以上も前の明治時代が始まりです。

      「見えない」ということで、色々起きる障害。

      見える時にはそれは空気のように当たり前すぎて
      当然のものだと思っていますが、いざ視野が狭くなったり
      見える力が弱くなったりすると自立した生活に支障をきたします。

      そうしたロービジョンの人たちの生活を、少しでも
      良く過ごしてもらうことを目指しているのが岐阜アソシア

      そして、今年から、眼科医さんと、岐阜アソシア、
      そして岐阜県のメガネ組合が、協力をしてその手助けをする
      活動が始まりました。

      と、いうことで、今回は、 はらっぱらっぱ男さんが出張参加。

      昨日は多治見にて、相談会。

      ロービジョンに悩む方に、器具や、見るために少しでも便利な
      道具をご紹介したり、ご相談にのったり。

      高額になるものの、国から9割近く補助金が出るものもあり、
      金銭的な負担も軽減出来ることなど、提案もしています。

      少しでも見える力を最大限に、活用する為に・・・。

      参加の先生や、関係者の方々の情熱ってすごいなぁ・・・と、
      もっと勉強しなくては・・・と、帰宅後、呟いていたはらっぱらっぱ男さん。

      一緒に頑張ろう~~★



      良かったら ぽちっと♪↓
      Face book 始めました。(試行錯誤中)">
      (↑クリックでチェックできます)
      にほんブログ村 ファッションブログへ
      にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 中津川情報へ

      日本赤十字震災、災害口座案内
      [2015/05/17 07:07 ] | 目のお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      今週は世界緑内障週間★
      今週も水曜日(それももう夜中!てかもうすぐ木曜)ですが

      世界緑内障週間 です。

      緑内障③er

      と、いうことで、
      眼科医会指定店ということもあり、
      岐阜県眼鏡組合の方からお話を頂き、

      緑内障②
      近隣の多治見まなびパークに日曜日に行ってきました。

      アイヘルスケアイン多治見プロジェクトの一環として
      日本緑内障学会、多治見市ライオンズ共催の講演会
      「近視と緑内障」です。

      緑内障②

      多治見市は、多治見スタディという、緑内障についての
      症例研究の土壌があり、毎年緑内障についての講演会が
      続いているそうです。

      第一線で研究をしていらっしゃる先生が、一般の人に分かりやすく
      説明してくださいました。

      緑内障は、中途失明の原因第一位の疾患。
      眼圧で視神経をが傷つき、視野が狭くなっていく病気。

      傷ついた視神経は、戻ることはなく、
      いかに早期に治療して進行を止めるかが大切。

      アジアの人は欧米の人に比べて多い。

      強度近視の人の割合と、緑内障の人の割合は、
      同じ20人に1人という高い割合だということ。

      残念ながら、自分が気がつかないうちに視野がかけていることが
      いかに多いか。

      治療を受けてない人が、いかに多いか。

      眼圧が高くなくても、視神経が弱い為、視野欠けが
      気がつかないうちに起こっている場合もあること。

      レイシック手術をした人は、眼圧が低く出るので、必ず
      手術をしたことを眼科医に伝えること、等など。

      統計結果や、患者さんの眼底写真、視野欠けの時間的経過の
      様子等、症例検討とともに、映像はわかりやすく、とても興味深かったです。

      緑内障①

      資料も一人1部づつですが、頂いてきました。
      お客さんにも読んでもらえたらと、お店においておこうと思います。

      資料の中には、簡易の視野欠けチェックシートもあり。

      帰宅後、早速みんなでチェックしちゃいました。
      (今のところは大丈夫だったので良かったです

      これも、お店に置いておくので、チェックしたい方はお気軽にどうぞ♫



      良かったら ぽちっと♪↓
      Face book 始めました。(試行錯誤中)">
      (↑クリックでチェックできます)
      にほんブログ村 ファッションブログへ
      にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 中津川情報へ

      日本赤十字震災、災害口座案内

      ハリ⑤r ハリ④r ハム②r
      ハリネズミのハリちゃん、2度目の来店♫
      何度見てもとても可愛いんだけど、触れない~(><)
      針はやっぱり痛いのかなぁ?








      続きを読む
      [2015/03/11 23:06 ] | 目のお話 | コメント(0) | トラックバック(0)
      | ホーム | 次のページ>>
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。